カードローンへの思い

 カードローンは、私にとってはあまりいいものではありません。カードローンの借金が原因で、家族内の雰囲気が悪くなったことが多々あるからです。

 本当に必要な時にカードローンは救いだと思います。就職がうまく決まらず、でも生活費が必要でパートである程度稼いでいれば、いくらか借りることができます。

 何事にも非常事態はあります。その時には、カードローンをうまく使えば困ることはありません。

 けれど、調整を誤れば自分の首をしめます。私の親は今もなお、カードローンの借金に苦しめられていますし、弟は詐欺にひっかかり、カードローンの借金を作ってしまいました。

 誰でもすぐに借りれるものだから、状況を理解して、返せる金額まで借りるという束縛をしなければ、よくCMで宣伝しているカードローンは脅威のものとなります。誰にでも起こりうるけことです。

 たった一枚のカードですが、本当に必要でなければ使いたくないです。それが、私のカードローンへの思いです。

Leave a Reply