いいとこどりの銀行カードローン

銀行カードローンが利用残高を大きく伸ばしています。苦戦している消費者金融や信販会社と比べると大きな違いです。銀行ということでの安心感もあると思われますが、やはり、低金利で利便性が高くなった商品に魅力があるのだと思われます。
銀行のカードローンと言えば、これまでは低金利ではあるが、審査が厳しかったり契約まで時間がかかるなど、利用者にとっては敷居の高いサービスでした。ところが、消費者金融業界の大きな成長をみるや本格参入し、商品自体も大きく改善されました。特に、貸金業法改正以降に経営難に陥った消費者金融を傘下に入れると、商品の利便性の高さに拍車がかかります。
即日融資、web申込み、お試し診断、自動契約機、審査時間の短縮化など、まさに、低金利で利便性の高いという銀行と消費者金融のいいとこどりをしたようなカードローンとなっています。最近では、消費者金融の専売特許であった無利息サービスにまで参入する銀行も出てきています。

Leave a Reply